猫が喜ぶ部屋を作りたい!快適に過ごしてもらうためのポイントとは

暮らし




猫を室内で飼うためには、猫がストレスなく過ごせる環境を整えてあげる必要があります。

猫が喜ぶ部屋とはどんな部屋なのか、猫が快適に過ごせる部屋づくりのポイントをご紹介していきます。

室内で猫を飼うメリット

 

「猫を室内だけで飼うのは可哀そうだから外にも出れるようにするべき?」と考えられる飼い主さんもいらっしゃるかと思います。まずは室内で飼うことによるメリットからご紹介していきます。

事故にあう危険性がない

外に出る猫や野良猫の死因で最も多いとされているのが交通事故だとされています。自由に歩き回れる猫は交通事故に合う可能性が非常に高くなります。これは猫の習性が関係していて、猫は引き返すことをしない動物です。一度道路に出てしまうと来た道を戻ることができず、車の前に出てしまっても正面を突っ切ってしまったり、車の大きな音や振動に驚いて動けなくなってしまった結果、轢かれてしまうこともあります。

また、猫は暗くて狭いところを好むので、車の下やタイヤの間、エンジンルームに入り込む可能性もあります。のんびりしていたところ、突然動き出した車に驚いて飛び出してしまったり、そのまま巻き込まれてしまう可能性もあります。

完全室内飼いにすれば、事故に合う危険性はゼロにできます。

病気や感染症、ノミなどが避けられる

猫同士のケンカや交尾などによって感染してしまうかもしれない猫エイズは根本的な治療法がありません。基本的に猫エイズの猫に噛まれなければ感染しないので、他猫との接触を避けるためにも室内飼いをオススメします。

猫の皮膚病の原因になるノミやダニから愛猫を守るためにも室内飼いすることが大きな予防策になります。

家に帰ってこられなくなる可能性がある

他の猫の縄張りに入ってしまいケンカになってしまうこともあります。争いに負けた猫は縄張りから追い出されてしまうため、その範囲に自宅がある場合などには家に帰ってこられなくなる可能性もあります。大きな道路を超えてしまって戻ってこれなくなったり、犬や他の猫に追いかけられてしまったりと、家に帰りたくても帰れなくなる可能性もあります。

不測の事態を避けるためにも室内飼いをオススメします。

室内飼いのデメリット

次に、猫を室内で飼うことのデメリットをご紹介していきます。

運動不足や肥満

外に比べると、室内の広さには限界があります。移動距離が短くなってしまうと運動不足になる可能性があります。運動不足は生活習慣病の原因になったり肥満の原因になったりします。猫によっては外に出れないことがストレスになってしまう可能性もあります。こまめに猫と遊んだり、猫が運動しやすい部屋の環境づくりなど飼い主さんの工夫次第でこのデメリットは少なくすることができます。

室内ならではの危険

猫は様々なものに興味を持ちます。しかし、部屋の中には危険なものもたくさんあります。水の溜まっているバスタブに落ちてしまう可能性などもあるので、猫に入ってほしくない場所(例えば風呂場やトイレ)の扉は閉めるようにしましょう。

人には無害でも猫には毒になってしまう食べ物もあります。

詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

猫が食べてはいけない身近なもの

2019年4月27日

また、猫は好奇心旺盛な生き物なので、目につくもので遊んだり口に入れたりします。誤って飲み込んでしまうと危険なものもたくさんあるので注意が必要です。輪ゴムやクリップ、タバコの葉や小さいアクセサリー類、紐などは猫の手が届くところには置かないようにしましょう。

猫が誤飲してしまう可能性のあるものはそのままにせず、かたずけてあげるようにしてあげてください。

携帯電話の充電器や電気コードなども噛んでしまう危険性があるので注意が必要です。

猫が喜ぶ部屋づくりのポイント

 

猫の本能や習性を意識して環境づくりをしてあげると猫がリラックスして過ごせるお部屋づくりができていきます。

猫はどんな場所が好きなのかご紹介していきます。

高いところに登りたい

猫は高いところ好みます。野生の猫は外敵から身を守ったり、獲物を狙ったりするために木の上に登っていました。この習性から高いところに猫の生活空間を作ってあげると安心してくつろぐことができます。また、部屋の中に高低差を作ってあげると上下に移動範囲を広げることができるので運動不足の解消にもなります。

高いところを作る方法としてはキャットタワーやキャットウォークの設置が一般的になります。色々な高さのものがあるので、部屋の状況や猫の体重に合わせて選ぶようにしてください。お金をかけなくても家具の配置を工夫すると猫が上下運動できるような場所を作ってあげることができます。

我が家の猫はソファーの背から本棚に登り、そこから出窓へ登ったりして遊んでいます。

猫が登りそうな場所には物を置かないようにしてあげて下さい。

狭くて暗い場所が好き

猫は狭いところも大好きです。これは猫の先祖が穴に住むネズミなどの獲物を探していたことや、獲物を待ち伏せしていたり、外敵から身を守るため狭く暗いところを寝床にしていたことが理由にあげられます。猫が隠れられる暗くて狭い場所を作ってあげると安心して過ごすことができます

手軽なものだと段ボール箱がオススメです。上面を開けた状態で使ったり横向きにしたりとアレンジできたり爪とぎなどにも使えます。

我が家では段ボール箱と体がすっぽり入る猫用ベット、ソファーの下にマットを置いています。

猫が快適に過ごすためのポイント

自由気ままな猫様。猫は好きなところで寝て、好きなところで爪を研いだりします。猫が快適に過ごせるポイントをご紹介していきます。

トイレの置き場所

トイレの置き場所は大切です。静かで人通りの少ないところに設置してあげるようにしてください。トイレは猫の性格に合ったものを選んでください。臆病な性格だったりする場合はオープンなものよりドーム型のものがオススメです。

トイレを気に入ってくれると快適に排泄が行え、粗相も起きにくくなります。

爪とぎの設置

猫にとって爪とぎは生活の一部で本能的なものなのでやめさせることができません。気分転換や爪の手入れ、マーキングなどの理由で爪を研ぎます。

壁や家具で爪とぎをされないようにするためにも、お気に入りの爪とぎ器を設置して、そこで行うようにしつけてあげてください。

詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

猫の爪の特徴と爪とぎをする4つの理由

2019年5月1日

脱走対策

完全室内飼いであっても、ふとした時に脱走してしまう可能性も少なくありません。

玄関には脱走防止の柵を設けるなどの対策が必要になります。穴を開けなくていい簡易的なものでも効果があります。猫は高いところへ登れたりジャンプして超えてしまうこともあるので注意が必要です。

窓から空気や風を取り込むときにも注意が必要です。網戸をしてあっても開けてしまったり、突き破ってしまったり、爪で破ってしまう可能性があります。網戸ストッパーや格子を設置してあげるとよいでしょう。

快適な温度設定

室内ならエアコンで温度調節ができるので、猫にとって快適な温度に調節してあげましょう。

夏場の快適な温度は28℃くらいです。猫の種類(短毛・長毛)でも快適な温度が違ってきますが、温度を下げ過ぎないようにしてください。夏場は湿度の管理も重要になってきます。

詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

猫にとって快適な室内温度って何度?猫が喜ぶ適切な温度管理と暑さ対策

2019年5月19日

冬場はなるべく暖かくしてあげるようにしましょう。エアコン以外でホットカーペットを利用するときには低温やけどをしないように気を付けてください。ストーブを使用する時も、猫が近づき過ぎてやけどをしないように注意が必要です。

猫は自分にとって快適な場所を探すのが得意なので、可能な限りでなるべく自由に移動できるようにしてあげてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

室内で猫に快適に過ごしてもらうためには、猫の本能や習性に合わせた環境づくりが必要です。

猫の好みや性格を理解して、愛猫が快適に過ごせる環境を整えてあげてください。

快適な部屋で生活できればストレスも少なくなります。

飼い主さんと猫ちゃんがお互い幸せに暮らせる部屋づくりをしていってください。