猫草って必要?猫草の効果と注意点

暮らし




猫を飼っている方なら「猫草は用意したほうがいいの?」と考えられたことがあるかと思います。

毛玉を排出するために必要と言われることもありますが、猫草ってどんな植物で どんな効果があるのか、そもそも猫に必要なものなのかをご紹介していきます。

猫草ってどんな植物?

実は「猫草」という名称の植物はありません!!

 

いくつかのイネ科の若い草の総称で、猫が好んで食べる草をまとめて「猫草」と呼ばれています。

主に燕麦(オーツ・カラスムギ)大麦小麦の若草、料理などにも使われるレモングラス、「猫じゃらし」の通称で知られているエノコログサや日本全国に分布するメヒシバなどが猫草と呼ばれています。

その他に猫が好む植物として、セイタカアワダチソウ、キャットニップ(イヌハッカ)、ハルジオンなどがあります。

猫草としてホームセンターやペットショップで売られているものは燕麦(オーツ・カラスムギ)が多いようです。

猫が猫草を食べる理由とは?

実は猫が猫草を食べる理由ははっきりとは解明されていないようです。

いくつか推測できる理由をご紹介します。

  • 毛玉を吐くため

猫は毛づくろいのときに、自分の毛を飲み込んでしまいます。猫草を食べることにより胃を刺激して嘔吐を引き起こし、毛玉を一緒に吐き出させているのではないかと考えられています。

  • 便秘の予防

猫は基本的に肉食なので便秘になりやすいです。猫草を食べて食物繊維を摂取して便通を促しているのではないかと考えられています。

また、毛づくろいの時に飲み込んだ毛を吐き出すのではなく、便と一緒に排泄するためでもあります。

  • 足りない栄養素を補給している

猫草にはビタミンが含まれているので、ビタミン補給のために猫草を食べるという説もあります。

  • ストレス解消の嗜好品

ただ単純に噛み心地が好きで食感を楽しんでいるという説もあります。人間がガムを噛んでいるような感覚なのかもしれませんね。

猫草は必要なの?

猫草は猫にとって必要なものかと言われたら、必ずしも必要なものではありません。

実際に、猫草を食べる猫もいれば全く食べない猫もいます。全く食べない猫に健康被害が多く出ているわけではありません。食べても害はないですし、食べなくても特に問題があるわけではありません。

毛玉を吐く猫は、猫草を食べなくても吐くし、猫草を食べても吐かない猫もいます。

 

つまり、どっちでもいいということですね。

 

猫草を食べるかどうかは、猫によってさまざまなのです。猫によっては毛玉の排泄や便秘の予防に役立っていることもありますが、必ず効果があるというわけでもないので、猫草が必要であるかというより、猫にとって猫草の効果はそれぞれに違うということですね!

猫草以外でも予防できる

猫草に全く興味を示さない猫もいます。愛猫の毛玉や便秘が気になるから猫草を食べてほしいのに食べてくれない、と心配している飼い主さんもいるのではないでしょうか。

興味を持たない猫に無理に猫草を食べてもらうことは不可能ですよね。仔猫のころから室内で飼い、猫草の存在を知らなければ興味がない場合があっても不思議ではありません。

飼い猫のほとんどが総合栄養食と言われるキャットフードを与えられているので、ビタミン不足になることはあまり考えられません。

体内の毛玉が心配な場合は、「毛玉ケア」「ヘアボールコントロール」などと書かれている毛玉の排出を促すキャットフードやサプリメントが市販されています。

こういったキャットフードは普通のものよりも食物繊維が多く入っているので、便秘の予防にも効果的です。

獣医師さんにお勧めのキャットフードやサプリメントを紹介してもらうのもオススメです!

また、こまめなブラッシングは抜け毛を減らせるので、毛づくろいの時に飲み込む毛の量を少なくすることができます。

猫草を与える時の注意点

猫草は食べても害は無いとは言っても、食べ過ぎはよくありません

猫草の食べ過ぎで吐く回数が増えてしまうと体調を崩してしまう場合がありますので、そんな時は食べさせる量を1日に数本だけ切ってあげるなど調整したほうがいいようです。

消化しきれずに嘔吐や下痢を引き起こしてしまう場合があるので、消化能力の弱い仔猫や高齢の猫、胃腸の弱い猫に与える時は特に注意が必要です。

成長しすぎたイネ科の植物は硬く、内臓を傷つけてしまうことがあるので、若い葉の猫草だけをあげるようにしてください。

健康な猫であっても、猫草を食べて短時間で何度も吐くようでしたらすぐに獣医師さんに診てもらってください

猫草はどこで買える?猫草の育て方

猫草はホームセンターやペットショップ、花屋さん、ネット通販などで購入することができます。

店舗ではすでに成長している状態で販売されているので気軽に試すことができます。

  • 水やり

土の表面が乾いたら水やりをします。鉢底から水が流れ出る物でしたらたっぷりと水をあげて、余分な水が流れ出きったら元の位置に戻してあげて下さい。鉢底が塞がっている物だと余分な水で根腐れを起こしてしまうので注意が必要です。

  • 日光

室内の日当たりのよい場所において、日光をよく与えるようにしてください。寒さに弱いので室内で育てるのがよいでしょう。

  • 肥料はあげない!

猫草には肥料は必要ありません。適切な量の水だけで育ちます。肥料をあげてしまうと、大きく育ちすぎて猫が食べなくなったり、早く枯れてしまう原因になってしまいます。

 

猫草栽培キットや種も売られているので、園芸やガーデニングが好きな方にはおススメです。

まとめ

猫が猫草を食べる理由は、はっきりとは分かっていません。毛玉や便秘の対策で猫草をあげるのなら、キャットフードや日々のお手入れに気を配ったほうが効果があると思いますが、猫草を食べて毛玉を吐き出す猫もたくさんいるので、まったく効果が無いわけではなさそうですね。食べるか食べないかは猫の性格や好み、その時の気分もあると思うので何度か試してあげるのもいいかと思います。