猫が食べてはいけない身近なもの

猫の豆知識




猫が食べてしまうと危険なものが身近にいくつもあります

 

人間には無害でも猫が口にしてしまうと命に関わる危険なものがあり、思わぬトラブルを引き起す可能性もあるので知っておいて欲しい危険な食べ物を紹介します。

 

猫が食べてはいけない [植物]

 

家の中やベランダに飾る植物にも食べてはいけないものがたくさんあります。

 

ユリ

強い毒性があり、腎臓に障害を与えてしまいます

花だけではなく、葉や茎にも毒性があります。

嘔吐や下痢、呼吸困難など少量でも重篤な症状を引き起こす危険があるので注意しましょう

 

ポトス

身近にあり馴染みのある観葉植物ですが、葉や茎に毒性があり口に入れると腫れてしまいます。

猫の届く場所に置くのは避けましょう。

 

 

スズラン

花と根に強い毒性があり、嘔吐、下痢などの中毒を引き起こすことがあります。

スズランを活けた水も危険なので注意しましょう。

 

猫が食べてはいけない [食べ物]

ネギ類

「犬にネギを食べさせたらダメ!」と聞きますが、猫にもネギ類はダメです。

ネギ類とは、ネギ、玉ねぎ、ニンニク、ニラ等。加熱しても生でも全てダメです。

ネギの成分が赤血球中のヘモグロビンを壊してしまい、貧血や呼吸困難を引き起こします

その他に嘔吐、血尿、下痢などの症状もあり、幼い猫、高齢な猫、その時の体調によっては死に至ってしまうこともあるので注意が必要です。

 

生のイカ・タコ

猫にとって有害な「チアミナーゼ」という毒素が含まれていて、猫が生で食べると嘔吐や痙攣などの中毒症状や皮膚炎を起こす危険性があるので注意が必要です。

「チアミナーゼ」は加熱するとその働きを失うので、与える時は十分に火を通してからにしましょう。

 

チョコレート

チョコレートの原料であるカカオに含まれる「テオブロミン」による中毒で、下痢や嘔吐の症状を引き起こします

重症になると痙攣、発熱、震え、不整脈や異常興奮を引き起こし、最悪の場合には死に至ることもあります。

猫が好んでチョコレートを食べることは少ないと思いますが、興味本位で口にしてしまう可能性もありますので、食べ残しは放置せず片付けるようにしましょう。

 

人間の風邪薬や頭痛薬

風邪薬や頭痛薬に含まれる「アセトアミノフェン」は貧血を起こしワイン色の尿が出ることもあります。

貧血が進むと呼吸困難になり命に関わるので、猫に人間の風邪薬は絶対に与えないでください。

 

まとめ

猫が口にしてしまうと危険な代表的なものをご紹介させていただきました。

植物は猫の届かない所へ配置して、チョコレートや薬などは放置しないなど少しの心がけで愛猫を守ることができます。

是非参考にしてみてください。