猫にとって快適な室内温度って何度?猫が喜ぶ適切な温度管理と暑さ対策

暮らし




ゴールデンウイークも終わりいよいよ高温多湿の暑い夏がやってきます。年々平均気温が上がってきているように感じます。

暑い日が続くと、人も猫もぐったりしてしまいますよね。

猫が夏を快適に過ごすことができる環境を作るための温度管理や工夫をご紹介します。

猫にとって快適な室内温度ってどのくらい?

猫にとって快適な温度は、20~28℃、湿度は50~60%くらいが理想的とされています。

猫の先祖はアフリカの砂漠地帯に生息するリビアヤマネコなので、猫は比較的暑さに強い動物とされています。

しかし砂漠が広がる乾燥地帯に住んでいたため湿度は苦手なので、室温はもちろんですが特に気をつけたいのが湿度です。

気温はもちろんですが湿度が高い日本の夏は猫にとってつらい季節です

猫が体温調節のためにしていること

人間は汗をかいて蒸発するときに熱も一緒に逃がしてくれる作用の「気化熱」を利用して体温調節しています。

猫の行動の中にも気化熱を利用した体温調節に役立つ仕草があります。

グルーミング

猫が毎日している毛づくろい(グルーミング)をすることによって唾液が蒸発する際の気化熱で体温を調整します。ですが湿度が高すぎると水分が蒸発しにくいため体温がうまく下げれません。

「ハアハア」と呼吸する

あまり見たことがないと思いますが、口を開けて「ハアハア」と息をする「パンディング」(あえぎ呼吸)という呼吸法で気化熱を発散させて体温調節をします。

犬が口を開けて「ハアハア」と息をしているのはよく見ますが猫は滅多にパンディングをしません。

猫がパンディングしているときは

  • よほど暑いとき
  • 息が切れるくらい激しく動いた後
  • 何かしらの病気があるとき

暑さを感じている時はエアコンなどで室温を下げてあげましょう。動いた後のパンディングは自然に治まるので、それ以上刺激をしないで休ませてあげて下さい。

温度や運動などに関係なくパンディングが見られるときは、何かしらの病気や熱中症の可能性もあるので獣医師さんに相談してください。

猫が快適に過ごせる夏の環境作り

猫も人と同じく暑すぎると夏バテになることがあります。外猫は日陰を探したり涼しい場所に移動できますが完全に室内飼いの猫には熱中症や脱水症状に気を配った対策が必要になります。

エアコンで室内温度を調節する

エアコンをつけるときには、部屋の温度を下げ過ぎないようにしましょう

寒すぎてしまうとカラダが冷えて体調不良になることがあります。

猫は寒くなりすぎるとその部屋から出たがるようになります。できれば猫が自由に出入りできるようにしておきましょう。

オススメ

エアコンは冷房ではなく湿度も取り除ける除湿(ドライ)運転がオススメです。

カーテンを閉めて直射日光を当て過ぎないようにする

直射日光が当たりすぎると部屋の温度も上がってしまいます。遮光カーテンにするのもオススメです。

窓を開けて風通しをよくする

エアコンを使わないなら窓を開けて涼しい風を入れてあげるのも大切です。2か所の窓を開けてあげると風が吹き抜けて涼しさを感じることができます。

この時、猫が脱走しないように対策するのが必須になります。猫が網戸を開けてしまわないようにストッパーを付けたり、網戸を破ってしまわないように室内側に格子を付けたりと脱走防止の対策が必要になります。

飲み水を切らさないようにする

留守番をさせるときなどは飲み水を切らさないように水飲み場を増やしてあげるようにしましょう。

夏は飲み水が腐りやすくなりますので、1日に2回以上は変えて常に新鮮な水が飲めるようにしてください。

 

まとめ

猫の適温は28℃くらいと言われますが、快適さには温度だけでなく湿度も影響します。猫種や育った環境などで好みの温度が変わってきますので、猫ちゃんに合わせて室温を調整してあげて下さい。冷えすぎにならないように注意です!

うちの猫は長毛種のチンチラで、夏場はエアコンの設定をドライの25℃にして部屋のドアを開けて他の部屋へ自由に移動できるようにしています。ソファーの下の日陰にいたり、日当たりにいい出窓にいたりとその時の快適な場所にいます。

ひんやりグッズなどの暑さ対策グッズを使うのもおススメです。ジェルマットやアルミのプレートなどたくさんの種類が出ています。猫によって好みが違うので愛猫が気に入るモノを見つけてあげてください。